全国にある歯科医院・歯医者の情報が満載!あなたに合った歯科医院・歯医者を見つけよう!

歯科医院・歯医者検索サイト[歯科医院マップ]

歯科医院・歯医者探しをお手伝いします!


インプラント矯正治療(できるだけ歯を抜かない治療)
インプラント矯正とは、通常の矯正治療と併用して、歯を動かす時の確実な支えになる「矯正用インプラントアンカー」という装置を用いる、非常に有効な最新の治療方法です。
インプラント矯正では、今まで困難とされていた、「奥歯を後方へ動かす」、「奥歯を沈める」といった3次元的な歯の動きが容易にできるようになりました。従来の矯正治療では、歯列の途中の歯を抜いて治療する場合が多々ありましたが、インプラント矯正では、歯列の途中の歯を抜かなくても治療できることが多くなりました。また、歯を確実に動かせるようになるため、従来よりも仕上がりが良くなったり、治療期間が短縮されたりすることもあります。
インプラントアンカーには現在、チタン合金製のミニプレートとミニスクリューの2種類があり、これらを小手術で骨に固定していきます。チタンは生体適合性に優れた金属で、骨折の接合や人工関節、人口歯根などに用いられます。矯正用インプラントは口腔内に固定されるので、矯正治療中、外から見えることはほとんどありません。矯正用インプラントは矯正治療が終了後、撤去します。

【メリット】

  • 多くの症例で歯列の途中の歯を抜かなくても矯正治療ができるようになりました。
  • 難しいケースでも確実に治療ができるようになりました。
  • 歯列の連続性が絶たれないため、従来よりも仕上がりが良くなったり、治療期間が短縮されたりすることが多くなりました。

【デメリット】

  • 外科的処置が必要となります。
  • 感染すると膿んだり、腫れたりすることがあります。
  • 腫れがひどくなると、インプラントが不安定になり、場合によっては固定しなおす必要があります。

インプラント矯正は、欠点を持ち合わせていますが、それ以上に利点から得られるものが非常に多く、患者さんの治療満足度をよりいっそう向上させます。

舌側(裏側 / リンガル)矯正
舌側矯正とは、歯の裏側(舌側)に装置をつけて歯ならびを治す治療法です。そのため、外からはほとんど矯正装置が見えないのが特徴です。職業上、出来る限り装置を見せたくない方などが選択されます。当クリニックでは、治療目標に従いCAD/CAMテクノロジーを用いて個々の患者さんの歯の形態に合わせたカスタムメイドの最新装置を使用しております。

【メリット】

  • 矯正装置が外からほとんど見えません。
  • 歯の裏側は唾液がよく環流するため、表側と比較してむし歯になりにくいです。

【デメリット】

  • 治療費用が高くなります。
  • 矯正装置が舌に当たるので始めのうちは舌が痛くなることがあります。
  • 矯正装置が舌に当たるので始めのうちは発音しづらい場合があります。

当院で使用しているカスタムメイドの装置は、従来の装置と比較して厚みが少ないため違和感が少なく、舌の痛みや発音しづらさも軽減しております。

  • 掲載希望の歯科医院様募集中!