全国にある歯科医院・歯医者の情報が満載!あなたに合った歯科医院・歯医者を見つけよう!

歯科医院・歯医者検索サイト[歯科医院マップ]

歯科医院・歯医者探しをお手伝いします!

歯の病気と治療法(歯に関する様々な病気と治療法についての説明です。)

虫歯

≪原因≫
虫歯の原因は歯垢です。歯垢は細菌の塊で、この細菌が糖を分解して作る「酸」によって歯が溶かされ虫歯となります。
口腔内にはたくさんの細菌が存在しますが、最も虫歯と関係のあるのはミュータンス菌です。ミュータンス菌は、食物に含まれる糖質を分解して、グルカン(多糖類)と呼ばれる、ねばねばした物質を作ります。そのまま時間が経つと、歯の表面はねばねばした物質でいっぱいになり、様々な口腔内細菌が付着し、歯の表面は細菌やねばねば物質のかたまりで覆われてしまいます。これが、歯垢です。
歯垢が歯質の状態、唾液量と性状、細菌の好みの食べ物や時間的要因などと関係して虫歯が発生します。

≪分類≫
C1(エナメル質の虫歯)
エナメル質に限局した虫歯で、歯の溝や歯と歯の間に起こりやすく、この状態では痛みはありません。歯の光沢がなくなり、わずかな着色や白濁が生じます。この段階では、削る必要はなく、進行しないようしっかりと歯を磨き、歯垢除去すれば問題ありません。

C2(象牙質の虫歯)
エナメル質を超えて象牙質まで進行した虫歯で、虫歯の部分が黒く見え、冷たいものや温かいものがしみるようになります。主な治療は、虫歯の部分を削り、部分的な金属や白い詰め物などを削った部分に埋めます。

C3(歯髄炎)
虫歯が神経まで到達し歯髄に炎症が生じた状態で、ここまで進行すると激烈な痛みが生じます。かなり大きな穴が開いてしまっています。虫歯になった部分の歯を削るだけでなく、細菌に感染した歯の神経を取り、金属などでかぶせる治療を行います。

C4(歯根の虫歯)
歯のほとんどが失われ、歯根まで虫歯が進行した状態です。神経もほぼ死滅しており無痛状態がほとんどです。歯の根だけ残った部分の先に膿の袋ができ炎症を起こして腫れてくることがあり、その場合抜歯することもあります。


  • 掲載希望の歯科医院様募集中!